カフェオレボウル

$42.37
(税込) 送料について

くびれのある高台に、ぐるりとエッジが入った優美な意匠のカフェオレボウル。1900年代初頭にフランスで使われていたブロカントが基になっています。日本の職人とともにオリジナルの質感に近い半磁器で製作しました。清らかな白の中にも柔らかなハンドクラフトの余韻が感じられます。 

 カフェオレボウルのルーツはフランスにあります。19世紀末ごろから使われていた、スープにパンを浸して食べるどんぶりのような器が原型とされています。コーヒーが市民の生活に浸透してからは、ミルクを混ぜたカフェオレを朝食時に淹れるようになりました。現地では「 Petit Dejeuner Bol / 朝食ボウル」とも呼ばれ、朝食や軽食をとる器として親しまれています。

 

西洋のテーブルマナーでは器を持ち上げることはありませんが、このサイズ感のボウルは手に持つことがあるそうです。カフェオレを飲んだり、ワインを飲んだりと、地域によって特色が出るようです。また食器は揃いのものを人数分ランダムに配膳することが一般的ですが、こういったボウルは「自分のモノ」という認識があり、家族それぞれが選んだ別の柄になることも。こういった「腕」の使い方は日本と変わらず不思議な共通点でもあります。

西洋の大衆的な暮らしから生まれた民藝品ともいえるカフェオレボウル。日本では当たり前である「器を持つ」「自分の器」という文化を思惟するきっかけになるかもしれません。

amanaiの提案する日用品・カフェオレボウル。グラノーラやヨーグルト、スープになどにも使える日常使いのしやすい器です。喫茶店などの業務用にもお使いいただけます。


寸法  φ121mm × 高さ66mm
材質  半磁器
適量  200ml前後
満水  330ml
重量  約233g
製造  日本
備考  電子レンジ◯・食洗機
    オーブン×・直火×

 

amanai
鎌倉由比ガ浜にある日用品のショップ&ギャラリー。“道具としての日用品”を軸に心惹かれるモノを産地やジャンルにとらわれることなく提案している。常設品の取り扱いに加え、イベントでは様々なモノを紹介する。

業務用としてのお取り扱い、卸販売をご希望の方はお問い合わせよりご連絡ください。